私のど真ん中はソナタ…宮崎議員にとって金子恵美と加藤鮎子は左右か?宮沢磨由の魅力とは


宮崎謙介の名言『私のど真ん中はソナタ』を宮沢磨由が暴露

私のど真ん中はソナタ 宮崎謙介

私のど真ん中はソナタ

またまた出てきましたね〜。

『ありがとう文春』

『センテンススプリング』

よりも強烈な感じがしますねww

PCやスマホで『見逃した映画や人気TVドラマを無料で見る方法』を発見しました(高画質)

これ、宮崎謙介議員の不倫相手、宮沢磨由さんが紹介したLINEの内容。1日400回もLINEのやりとりをしていたというから熱いですね。

宮崎謙介さん的には、宮沢磨由さんはど真ん中ということで、そうすると、妻の金子恵美さんと加藤鮎子さんはどのあたりにいるのか気になりますね(笑)。

ど真ん中は宮沢磨由さんだとすると、肉感的な女性が一番で、知性的な女性が次、なのかな?

いや、君が一番だ、の常套句で攻めまくってる系かもしれませんね。。
 

 
最初はこれ、ハニートラップかとガチで思いましたけど、

宮沢磨由さんの話を聞くと、とにかく猛アタックされてホロっときたんでしょうね。好きになっちゃった、と。あと、政治家先生の癒しを担う意味で身体を許した、みたいなコメントもあって、天使のような御心をお持ちじゃないですか!(問題発言)

でもあれですね、口説くのにLINEを何百回もとか、どんだけ好きなんだよ、って感じですよね。

いや、それをしてしまうくらいの魅惑の女、魔性の女だったりして。テレビの取材で暴露しちゃうところも、アレですよねえ。

火野正平さんの恋人達は、取材が来ても火野さんが不利になることは一切言わなかったですからね、あれは男の鏡ですね。

いずれにせよ、これから数日は学校や職場、カップルの間で、

私のど真ん中はソナタ

が活用されることでしょう(笑)。


Sponsored Link
2016-02-15 | Posted in 未分類No Comments » 

関連記事

Comment





Comment